最近のトラックバック

ブログリンク集

  • みぃさん
    ケルンに留学されたピアニスト。現在奈良県を中心に活躍中です。
  • romani さん
    ギターを愛されながらも、クラシック、特にオペラを中心にライブの感想等をブログで公開されています。
  • DokuOh さん
    ドイツ・オーストリア系の音楽の紹介およびCDの感想等をブログで公開されています。
  • 樹衣子さん
    映画、本(政治、経済、社会、その他)音楽の論評並びに紹介をブログでなさっています。
  • emi さん
    現役のピアノの先生です。ブラームスのクラリネットソナタのCDもリリースされています。
  • calaf
    calaf 自身のホームページです。
  • yuzu さん
    鉛筆画家 yuzu さんのホームブログ。グールドの描画はグールド財団のお墨付き(正真正銘)です。
  • yuzuさん グレン・グールド肖像画集
    鉛筆画家 yuzuさんの新しいブログ
  • 湧々堂(わくわくどう)
    個人でCDショップをなさっています。入手しにくい盤は一度相談されてみてはいかがでしょう。
Powered by Six Apart

メイン | 2005年10月 »

2005年6月23日 (木)

ショパンのエチュード

Qhnkienv 小菅優(こすげ ゆう)さんのショパンのエチュードがようやく入手できました。録音は小菅さん16歳!演奏するだけでも大変なのに、録音とは。感想ですが、素晴らしいできばえです。革命は、私の好きな演奏です。ポリーニによりはホロヴィッツに近い演奏です。ペダルを制約した革命は独特の響きがします。

2007年8月27日追加記事

小菅優さんのドイツ在住時代にショパンのエチュードですが、当初オフィシャルページでも求めることができたのですが、いつのまにかそれもできなくなり、輸入盤の入荷に任せておりました。あと一歩のところで入手できなかった方も多いと思います。コメントにもありますように、一気に3枚も再発売になります。小菅優ファンならずとも喜ばしいことです。小菅さんのショパンのエチュードの録音は、年齢こそ違いますが、キーシンの12才の時の録音、ショパンのピアノ協奏曲第1番、2番に匹敵する価値のある録音です。付け加えるならば、あのキーシンでもショパンのエチュードはまだ録音していないのです。

2005年6月 4日 (土)

初めまして

0lmgn9uu 初めまして、calafと申します。カラフと読みます。プッチーニの歌劇「トゥランドット」はご存じでしょうか、この中に登場する、ダッタンの王子様の名前です。

 私はピアノが好きなのですが、同時にオペラも大好きなのです。ホームページもあるのですがブログも面白そうなので始めました。

上の写真は何だと思われますか、klavinsという名前のピアノなのです。詳細は私のHPに載せていますがこのブログでも、紹介していきたいと思います。

最近の写真