最近のトラックバック

ブログリンク集

  • みぃさん
    ケルンに留学されたピアニスト。現在奈良県を中心に活躍中です。
  • romani さん
    ギターを愛されながらも、クラシック、特にオペラを中心にライブの感想等をブログで公開されています。
  • DokuOh さん
    ドイツ・オーストリア系の音楽の紹介およびCDの感想等をブログで公開されています。
  • 樹衣子さん
    映画、本(政治、経済、社会、その他)音楽の論評並びに紹介をブログでなさっています。
  • emi さん
    現役のピアノの先生です。ブラームスのクラリネットソナタのCDもリリースされています。
  • calaf
    calaf 自身のホームページです。
  • yuzu さん
    鉛筆画家 yuzu さんのホームブログ。グールドの描画はグールド財団のお墨付き(正真正銘)です。
  • yuzuさん グレン・グールド肖像画集
    鉛筆画家 yuzuさんの新しいブログ
  • 湧々堂(わくわくどう)
    個人でCDショップをなさっています。入手しにくい盤は一度相談されてみてはいかがでしょう。
Powered by Six Apart

« CD購入大失敗 | メイン | chiakiのピアノレッスン イタリア協奏曲第3楽章 »

2005年12月17日 (土)

織田寛子さんのコンサート聴いてきました

Iffzdxog
こんばんは、calafです。今日は昼間chiakiと織田寛子さんのピアノを吹田で聴いてきました。感想はズバリプロの音を持っているピアニストのように思いました。

それぞれの時代、作曲家、作品にふさわしい「音」で音楽を創っていました。モーツァルトの「きらきら星変奏曲」は、遊び心が入った楽しい演奏、思い切った変奏毎のテンポ設定、霞んだピアノの音色が効果的でした。

ベートーヴェンの月光は歌の呼吸がとても自然、スケルツォもやや速めのテンポとリズムを強調してなかなかユニーク。3楽章も激情をよく表現されていたように思います。

ショパンのワルツ作品34−3はとてもチャーミング、バラード2番は荒れ狂う場面もなかなか劇的で、しっかりとした内容でした。

展覧会の絵も各曲のコントラストがよく、あっという間に聞き終えてしまいました。

以上大変充実した時間を過ごせました。織田さん、ありがとう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348805/13720145

織田寛子さんのコンサート聴いてきましたを参照しているブログ:

コメント

織田さんの演奏会を父と聴いてきました。席数が少なかったので、ピアノの直接音を聴くことができ、とても幸運でした。音は私の最大の課題ですが、モーツァルトの「キラキラ星変奏曲」、ベートーヴェンの「月光ソナタ」は特に私の音とは遙かにかけ離れた豊で美しい音でした。音楽の運び方がとても自然で、素直にこちらに入ってきます。月光など同じ右手で弾く、アルペジオと旋律の音色がはっきりと区別されています。第3楽章も階段を駆け上がるような感じがとてもよく表現されていて凄いなと思いました。ショパンは苦手なので、深くはわかりませんでしたが、「子猫のワルツ」は色々な音色と伸び縮みするテンポで楽しかったですし、バラード2番はペダルを使っても明瞭な響きには驚きました。11月の末に聴いた他のピアニストのコンサートではペダル過多で轟音のようで音楽がよくわからなかったのですが、みいさんの演奏もこのバラードも初めて聴きましたが、内容がよくわかるような響きでした。「展覧会の絵」も初めて聴いたのですが、いい曲ですね。たいへん難しそうな曲でしたが、「古城」などは弾いてみたいです。

あの寒さの中をご遠方よりどうもありがとうございました。自分的にはまだまだだなぁ・・と実感した演奏会でもありました。またこれからももっともっと「魅力的な音色」を出せるよういろんな勉強を続けていきたいです。ありがとうございました。

コメントを投稿

最近の写真