最近のトラックバック

ブログリンク集

  • みぃさん
    ケルンに留学されたピアニスト。現在奈良県を中心に活躍中です。
  • romani さん
    ギターを愛されながらも、クラシック、特にオペラを中心にライブの感想等をブログで公開されています。
  • DokuOh さん
    ドイツ・オーストリア系の音楽の紹介およびCDの感想等をブログで公開されています。
  • 樹衣子さん
    映画、本(政治、経済、社会、その他)音楽の論評並びに紹介をブログでなさっています。
  • emi さん
    現役のピアノの先生です。ブラームスのクラリネットソナタのCDもリリースされています。
  • calaf
    calaf 自身のホームページです。
  • yuzu さん
    鉛筆画家 yuzu さんのホームブログ。グールドの描画はグールド財団のお墨付き(正真正銘)です。
  • yuzuさん グレン・グールド肖像画集
    鉛筆画家 yuzuさんの新しいブログ
  • 湧々堂(わくわくどう)
    個人でCDショップをなさっています。入手しにくい盤は一度相談されてみてはいかがでしょう。
Powered by Six Apart

« 商習慣 | メイン | chiakiのピアノレッスン 12の小プレリュード第2番 »

2008年5月29日 (木)

chiakiのピアノレッスン バッハの小プレリュード

こんばんは。chiakiのピアノレッスンです。前にもお伝えしましたように、再開後のピアノはパルティータなどの上級の曲はやりません。ずっと以前からやりたい、やらせたいと思っていた曲がバッハにはたくさんあります。小前奏曲とフゲッタ(小フーガ)です。

以下は6つの小前奏曲の第1番ですMsoqpiop

一見何のことはない易しい楽譜ですが、装飾音がなかなか骨がおれます。これをCDなどを聴かずに自分の思うとおりに弾いてみてください。そして何日か弾いてみたあと以下のグールドのCDを聴いてみてください。
Wixs6blk

このCDはグールドのCDのなかでも傑作の部類にはいります。まずグールドのこれらの曲に対する姿勢ですが、真摯なものがあり、使い古された例え話「ライオンはいかに弱い相手であっても全力で戦う」を想起させます。これがモーツァルトで人をおちょくった同一人物とはとても思えません。

極端にいえばグールドがバッハで見せるテクニックはこのCDにほとんど含まれているのです。

オリジナルは「リトル バッハ ブック」でジャケットは少年時代のグールドがピアノを弾いている写真です。

バッハが嫌い、あるいは苦手な子供さんに是非聴かせたいCDであり、曲集でもあります。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348805/13721723

chiakiのピアノレッスン バッハの小プレリュードを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真