最近のトラックバック

ブログリンク集

  • みぃさん
    ケルンに留学されたピアニスト。現在奈良県を中心に活躍中です。
  • romani さん
    ギターを愛されながらも、クラシック、特にオペラを中心にライブの感想等をブログで公開されています。
  • DokuOh さん
    ドイツ・オーストリア系の音楽の紹介およびCDの感想等をブログで公開されています。
  • 樹衣子さん
    映画、本(政治、経済、社会、その他)音楽の論評並びに紹介をブログでなさっています。
  • emi さん
    現役のピアノの先生です。ブラームスのクラリネットソナタのCDもリリースされています。
  • calaf
    calaf 自身のホームページです。
  • yuzu さん
    鉛筆画家 yuzu さんのホームブログ。グールドの描画はグールド財団のお墨付き(正真正銘)です。
  • yuzuさん グレン・グールド肖像画集
    鉛筆画家 yuzuさんの新しいブログ
  • 湧々堂(わくわくどう)
    個人でCDショップをなさっています。入手しにくい盤は一度相談されてみてはいかがでしょう。
Powered by Six Apart

« アンプの見積もりを巡って | メイン | 最新コントロールアンプの試聴 »

2008年5月12日 (月)

体調不良

こんばんは。実は4月23日の午後から急に右の腰骨の上10cmくらい(背中)から下腹部にかけて鈍痛が走り、小用も滞りがちになりました。夕方近くの開業医に駆け込みましたらエコー検査等の結果、尿路結石の疑いが強いということで、痛み止めの点滴を受けて帰りました。血尿も認められましたので、医者の診断は正しいと思ったのですが、5月9日の金曜日にまた鈍痛があり、ピンク色の尿(血尿)が認められましたの再度同じ開業医に駆け込むと、精密検査を要するから大きい病院を紹介しますといわれて、隣町のT市民病院の泌尿器科に紹介状を書いてもらいました。

さて本日5月12日にT市民病院に出かけました。時系列でまとめてみます。

 7時半   家を車で出発
 8時55分 T市民病院到着
 8時25分 総合外来受付完了
 8時30分 泌尿器科外来で尿検査
 9時25分 同外来でレントゲン写真が必要と看護士から説明を受ける
 9時50分 レントゲン写真撮影終了。外来待合室に戻る。
11時00分 いよいよ診察。

ドクター 
 このレントゲン写真で見る限りは異常はないが痛みを訴えているし、血尿も今日は認められないが数日前に実際にあった。でも何か気持ち悪いですね。

 はい。

ドクター
 写真の感度が悪いので細部が写らないことが多い。尿管結石(尿路結石)の疑いが一番強いがCTをとって見てみましょう。他の原因として悪性の腫れ物(腫瘍)も可能性としてあるが、あくまで可能性ですが。

 はぁ、腫瘍ですか?(この時点で腹はくくっていましたが)

ドクター 
 今日はCTの予約が多いので時間がかかりますが終わればもう一度診察します。

 よろしくお願いいたします。

11時30分 CTスキャン受付、約10分待ちCT撮影を受ける。実はこのCTは生まれて初めて。機械に、私のブログの友人dokuohさんの会社のマークを確認。急に安心感が高まる。

12時20分 ようやく本日2度目の診察に呼ばれる。午前中の最後の患者になった。診察机のボードに20数枚のCT写真(断層写真)がきれいに配列されていました。

ドクター
 この写真おわかりですか、身体を肺から下腹部まで輪切りで撮影したものです。あばら骨の間にあるのが心臓。その両脇の黒いのが肺です。ここからずーっとおりてきて、これが腎臓です。右の腎臓のここを見てください。灰色です。左の同じ部分を見てください。黒いですよね。右のこの灰色の部分は尿管で、左の尿管(黒い部分)より円が大きいですね。しかも灰色ですね。

 はい。

ドクター
 これは右の尿管に尿が溜まって尿管が腫れて円(管の断面積)が大きくなっているのです。ですから尿が溜まる原因があるはずです。さらに下の写真を見ていきましょう。

この時点では悪性腫瘍の疑いは、少なくとも私は持っていませんでしたが、それでもドキドキしていました。

ドクター
 ここに白く鮮やかに写っているものがありますね。尿管結石です。仁丹ぐらいの大きさですから、尿と一緒に排出されます。石を排出しやすくする薬と痛み止め(坐薬)と急な痛みの時の鎮痙剤を出しておきます。(参考まで結石溶解剤ウロカルン225mg、鎮痛剤ボルタレンサポ(坐薬)鎮痙剤ブスコパン)
なお、尿管および腎臓を腫れたまま放置(年間のスパンで)腎機能が完全にやられますので、尿管結石は石が完全に消えるまで安心してはいけません。石を速くおろすために縄跳びをすればよろしいでしょう。

 はい。


12時40分 診察終了。会計で清算。

13時00分 調剤薬局で薬をもらって本日の任務終了

家を出てから5時間半長丁場でした。

ここから音楽の話です。待ち時間にリフシッツの新しい録音「音楽の捧げ物」をずっと聴いていました。ブックレットには書いておりませんが、明らかに多重録音しています。6声のリチェルカーレはピアノ1台で演奏できますが、トリオソナタは絶対に無理!よく聴かれるのはヴァイオリン、フルート、チェロ(通奏低音)、ピアノ(チェンバロ)ですが、ピアノの単独の音色でもなかなかのものです。このトリオソナタの第1楽章は王のテーマから導き出されたものですが、バッハの抜群のセンスと優れた論理性が見事に調和した美しい音楽です。このトリオソナタはきわめて高度な意味で「ごますりの音楽」になっています。このエピソードについてはまたの機会に紹介いたします。

私はバッハの音楽とりわけ、鍵盤音楽が大好きですが、バッハの曲でどれか1曲といわれればこの曲をおすすめします。とりわけ「音楽の捧げもの」の中でこのトリオソナタは格別です。今日は本当に長い長い(精神的にも)待ち時間でしたが、格別の音楽を大好きなピアノで美しいリフシッツの演奏で堪能した1日でもありました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348805/13721623

体調不良を参照しているブログ:

コメント

こんにちは。尿道結石とは大変ですね。痛みもかなりのものでしょう。ご自愛ください。弊社の機械がお役に立てたのはなによりもの喜びです。患者様のお役に立てるよう精進せねばと身が引き締まる思いがします。

良かったですどうも初めまして 明石のラトと申します。『加古川 ベーゼン』で検索してこちらに訪れてから暫くなります・・・体調不良と言うタイトルにビックリしましたが、大事に至らなくて(?)ホッとしています。私も以前 原因不明の頭痛(私は見当付いてましたが)でとある脳神経外科へ・・・若い担当医に『髄膜炎かも?』と骨髄液を5回のトライの上採取され、お陰で2週間ほどまともに歩けない状態に追い込まれたことがあります。(結果重度の肩こりでした・・・苦笑)あまり関係の無い話ですね、スイマセンくれぐれも どうかご自愛頂きます様にまた更新楽しみにしております。突然失礼致しました

 >rato-lion様 初めまして。当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。また当方の体調不良をご心配頂きありがとうございます。>骨髄液を5回のトライの上採取され上記はもしかして江井ヶ島の0病院?ではないでしょうか。相当の藪ですね。もしかしたら笹(藪にもならん)かもしれません。私のことよりよほど(後遺症などございませんでしょうか)心配です。rato-lionさまのブログはまたゆっくり拝見致します。遠藤響子の名前がありましたが。

こんばんは。レントゲン技師に機械の質問をしたかったのですが、実はそれどころではありませんでした。しかし本文にもありますようにGEのあのマーク(わけのわからない?)を見て勇気付けられたことは事実です。画像も恐ろしく鮮明で解像度は相当なものですね。機種名か愛称かわかりませんがright speedと機械にネーミングがありました。ご心配ありがとうございました。

コメントを投稿

最近の写真