最近のトラックバック

ブログリンク集

  • みぃさん
    ケルンに留学されたピアニスト。現在奈良県を中心に活躍中です。
  • romani さん
    ギターを愛されながらも、クラシック、特にオペラを中心にライブの感想等をブログで公開されています。
  • DokuOh さん
    ドイツ・オーストリア系の音楽の紹介およびCDの感想等をブログで公開されています。
  • 樹衣子さん
    映画、本(政治、経済、社会、その他)音楽の論評並びに紹介をブログでなさっています。
  • emi さん
    現役のピアノの先生です。ブラームスのクラリネットソナタのCDもリリースされています。
  • calaf
    calaf 自身のホームページです。
  • yuzu さん
    鉛筆画家 yuzu さんのホームブログ。グールドの描画はグールド財団のお墨付き(正真正銘)です。
  • yuzuさん グレン・グールド肖像画集
    鉛筆画家 yuzuさんの新しいブログ
  • 湧々堂(わくわくどう)
    個人でCDショップをなさっています。入手しにくい盤は一度相談されてみてはいかがでしょう。
Powered by Six Apart

« 反音楽史 さらばベートヴェン | メイン | アマデウス »

2008年7月 5日 (土)

ZAOLLA SILVERLINE

05taq6kb
こんばんは。予想通りというか、当然というか昨夜の「反音楽史」の人気はさっぱりでした。最初からわかっていることですが、音楽を楽しんでいる大多数の方にとって「音楽史」などどうでもよいということでしょう。「反音楽史」にの冒頭にも書かれていましたが、地方の中学校の音楽のテストで、

■シューベルトは生涯で何曲のリート(歌曲)を書いたか
■シューベルトの歌曲「魔王」のピアノ伴奏は何を表しているか

といった設問がいまだになされているのを嘆いています。正直に申し上げますが、この種の知識がご飯と同じくらい好きな私には衝撃でした。もちろんこんな質問は人には絶対しない程度の見識は持っているつもり?ですが、何かの拍子で言っているかもしれません。

さて、今夜は「反音楽史」の続きではなくオーディオケーブルのお話です。以前のブログでキャノン端子のケーブルを自作したことは報告致しましたが、市販のケーブルもレファレンス(基準)として所有するのも一興と思い購入しました。

何万円、何十万円もするものではありませんが、このケーブルのコマーシャルでは「世界一」を謳っております。ZAOLLAのSILVERLINEという製品です。ケーブルは銀線で、キャノン端子はスイスのノイトリック製、ピンコネクターはZAOLLAのオリジナルです。ピンコネクターは黒く写っておりますが、クロム銀色です。

自作と比較してどうかといいますと、わずかに透明感が勝るといった程度です。世の中ケーブルで音が変わるという人はとても多いですがオーディオ雑誌などでブラインドテストが行われた試しがありません。例えばこういうお話です。雑誌に20種類ほどのケーブルのテストコメントが掲載されています。20種類ともきめ細かな違いがコメントされているのですが、このコメント終了後に、同じことをもう一度テストするのです。今度はどのケーブルを装着したかは試聴者にはわからないようにしてテストするのです。果たして20種類すべて同じコメントになるでしょうか?あるいはどのケーブルかを当てることができるでしょうか?答えは「ノン」です。

誰だって自分の首を絞めるようなことはしません。出てきた製品に対して何らかのコメントをしませんと飯の種(仕事)がなくなります。音楽評論家は演奏家の演奏を貶しても仕事はなくなりませんが、オーディオ評論家は確実に仕事がなくなります。

オーディオ雑誌にはよくCDプレーヤーなどに付属しているおまけのピンケーブル(たいていは樹脂製)は決まって「透明感がない、音が痩せて聞こえる」などのコメントが寄せられます。

本当にそうでしょうか。おまけのケーブルは見た目が悪いです。高級品はプラグだけでなくケーブルの被覆が大変鮮やかな紋様が多く手触りもいいです。それと比較試聴ですが、おまけを先に、後から高級品の順でするはずです。この時、後から試聴した方がよく聞こえるのです。

これを逆にテスト(あるいはブラインドテスト)してみたらどうでしょうか?

私は価格がその製品のすべてを表しているとは思いませんがことケーブルに関しては宗教団体が二束三文の仏像を何百万円で会員に売りつけるのと同じだと思っています。要するに「信じる者は救われる」わけです。

こういう例があります。

複雑怪奇な高価格ケーブルは無用と無酸素銅の単線と樹脂製のプラグを販売しているガレージメーカーがあります。0.5mmにも満たない単線ケーブル50mとピンプラグ6ペア、バナナプラグ4ペア(ピン、バナナとも樹脂製、びっくりするくらいシンプル)(要するにチャチ)で5万円強で販売されているのです。このようなことを「同じ穴の狢(むじな)」あるいは「五十歩百歩」というのではないでしょうか。

よくみみにするブラフ(脅し)を列記してみます。

■あなたにはこの微妙な違いがわからない。

■この微妙なニュアンスがオーディオで最も感性が必要とするところです。

■この違いは聞こえる人と聞こえない人がいます。

■あなたの機器ではこのケーブルの違いは聞き取れません

オーディオ好きならば、どれかひとつでも言われたことがあるのではないかと思います。

反証をひとつ挙げておきます。

某オーディオの高級専業メーカーがCDの発展途上でCDのトランスポートとDAC(あわせて200万円近く)を発売しました。このトランスポートとDACを接続するのに高級光ファイバーを推奨していたのです。ところが長岡鉄男さんはFケーブル(単線の電気配線)と市販の安物のピンプラグで同軸ケーブルを自作、この光ファイバーとメーカー技術者立ち会いで比較試聴したのです。結果驚くなかれメーカー技術者はFケーブルの勝ちを認めたのです。このFケーブルは数百円で自作できる物なのです。

でも、ケーブル信者さんは光ファイバーと同軸ケーブルならば違いがでるのは当たり前とおっしゃるでしょうね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348805/13721839

ZAOLLA SILVERLINEを参照しているブログ:

コメント

ためになりました!でも、わずかでも透明感が増したんですね?!今の自分には、それだけでも変える価値がありそうです!購入して自分の耳でも確かめてみようと思います^^

こうちゃん様

コメントありがとうございます。ZAOLLAはいいですよ。1セット5,6万いや10万を超えるケーブルを比較してみて下さい。遜色ありませんよ。上回っていることもあります。

コメントを投稿

最近の写真