最近のトラックバック

ブログリンク集

  • みぃさん
    ケルンに留学されたピアニスト。現在奈良県を中心に活躍中です。
  • romani さん
    ギターを愛されながらも、クラシック、特にオペラを中心にライブの感想等をブログで公開されています。
  • DokuOh さん
    ドイツ・オーストリア系の音楽の紹介およびCDの感想等をブログで公開されています。
  • 樹衣子さん
    映画、本(政治、経済、社会、その他)音楽の論評並びに紹介をブログでなさっています。
  • emi さん
    現役のピアノの先生です。ブラームスのクラリネットソナタのCDもリリースされています。
  • calaf
    calaf 自身のホームページです。
  • yuzu さん
    鉛筆画家 yuzu さんのホームブログ。グールドの描画はグールド財団のお墨付き(正真正銘)です。
  • yuzuさん グレン・グールド肖像画集
    鉛筆画家 yuzuさんの新しいブログ
  • 湧々堂(わくわくどう)
    個人でCDショップをなさっています。入手しにくい盤は一度相談されてみてはいかがでしょう。
Powered by Six Apart

« 回想~盲児が作った粘土像とともに30年~第1回 | メイン | 盗作・コピー »

2008年7月26日 (土)

スピーカーケーブル

こんばんは。阪神-中日戦を父(86才)とテレビで見ておりましたが、今日は私の解説がことごとく当たりまして父を驚かせました。4回裏ツーアウト走者無しから新井の3塁ゴロを森野がエラー。ツーアウト走者無しからのエラーとか四球は点になる確率が極めて高いと私が講釈したからでした。別に持論でも何でもなく星野監督が口を酸っぱくしてよく言っていたことです。何故野球の話から何故スピーカーケーブルの話になるの?それはテレビを見ながら作業をしたからです。

このスピーカーケーブルはオーディオ用ではなく列車の信号ケーブル用だと思われます。産業廃棄物として捨ててあったのを、了解を得て頂いたのでありました。ケーブルの径は6mmほど、中に1mmほどの被覆付きのワイヤーが4本で、銅の単線です。この銅線の径は0.5mm程度です。銅単線ケーブルでありながら、とてもしなやかで取り扱いが楽なのでスピーカーケーブルに使おうと思いました。Cabletatsuta1 Cabletatsuta2Cabletatsuta3

Cabletatsuta4Cabletatsuta5

芯が4本(白、黒、茶、青)がPVCの被覆の中でよじられてさらにセロハンのようなもので覆われております。次の写真がセロハンを剥がしたところです。銅線の被覆を剥がしたところです。 末端にワニクリップを装着したところです。実はこのスピーカーケーブルはD-55用に作ったものです。D-55はスピーカーターミナルは装着せずユニットが直にコードをひっぱりだして来ております。その直だしコードをワニクリップで挟むわけです。最後はバナナプラグに装着したところです。

もともとの発想は長岡鉄男さんが、Fケーブル(電源ケーブル)をスピーカーケーブルとして使用いたことから始まりますが、Fケーブルは固いのですわりが悪く、いわゆるフレキシブルではありませんので音はともかく使い勝手が悪いのです。どんな音になるのか、それはこれから試してみます。お楽しみに。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348805/14147525

スピーカーケーブルを参照しているブログ:

コメント

はじめまして とても興味があり投稿させて頂きます


知り合いの通信業者から使わないとの事でしたので頂きました 
200mの信号ケーブル 外径12mm 内径3mm、4色 4芯です 1色につき銅線が0.5mm七本入っております 可能でしたら10m×20本PAスピーカーケーブルとして代用出来ればと思っております 何かよきアドバイスを頂けたら幸いです

 


 

>masami様
はじめまして。コメントありがとうございます。外径と内径と銅線のサイズからして、計算が合わないような気がするのですが、0.5mm×7本でしたら、相当太いケーブルになるはずです。スピーカー端子のサイズによっては何本か間引いてやらなければなりません。十分PAに使用出来ると思います。10ペア20本につなぎますので、コードは左右、およびスピーカーの番号などテープなどで目印を付けることをおすすめします。

こんには 回答心より感謝しております

確かに一本一本が太い気がします 先ほどノイトリック製スピコンに差し込んだところギリギリですが入りました ケーブルの振り分けですがパッチベイをラックマウント装備番号を付けております

この辺りのケーブルを購入すると凄く価格が高いので(使用できる)の言葉 助かりました 組み上げ音出しが楽しみになってきました 

コメントを投稿

最近の写真