最近のトラックバック

ブログリンク集

  • みぃさん
    ケルンに留学されたピアニスト。現在奈良県を中心に活躍中です。
  • romani さん
    ギターを愛されながらも、クラシック、特にオペラを中心にライブの感想等をブログで公開されています。
  • DokuOh さん
    ドイツ・オーストリア系の音楽の紹介およびCDの感想等をブログで公開されています。
  • 樹衣子さん
    映画、本(政治、経済、社会、その他)音楽の論評並びに紹介をブログでなさっています。
  • emi さん
    現役のピアノの先生です。ブラームスのクラリネットソナタのCDもリリースされています。
  • calaf
    calaf 自身のホームページです。
  • yuzu さん
    鉛筆画家 yuzu さんのホームブログ。グールドの描画はグールド財団のお墨付き(正真正銘)です。
  • yuzuさん グレン・グールド肖像画集
    鉛筆画家 yuzuさんの新しいブログ
  • 湧々堂(わくわくどう)
    個人でCDショップをなさっています。入手しにくい盤は一度相談されてみてはいかがでしょう。
Powered by Six Apart

« マスネ~ウェルテル~春風よ、なぜ私を目覚めさせるのか? | メイン | 回想~盲児が作った粘土像とともに30年 第4回 »

2008年10月21日 (火)

ゴールドベルグ変奏曲再び

こんばんは。1昨日のホームコンサートの反省を娘と二人でしました。新曲を覚えるには何か外部との刺激が必要なのは一致しました。拙い演奏でも喜んで頂ける方が存在するのは本当にありがたいことです。

話の中で今後の選曲について私がいろいろ選らんだのですが、どうしてもゴールドベルグ変奏曲を最後までやりたいということでした。実は10曲ぐらいは練習をしていたのですが、各変奏曲とも、なかなか私がOK(とりあえずにしてもです)を出せないでいます。とりあえずOKを出すためにまず乗り越えなければいけないことがあります。

暗譜です。これは精神障害のある娘にとって非常に辛いことです。精神障害といっても記憶力に影響がない場合もありますが、娘の場合は相当な記憶障害があります。厳密に観察しますと記憶のための集中力が欠けているようです。レッスンで感じることですが、ここはp(ピアノ)と注意してもすぐ忘れます。譜面に書き入れてもです。見ていないのではないかと思うことさえあります。見えてるのですが、pはピアノ(弱く)で弾かなければ、という意識まで到達していないようです。同じ注意の繰り返しは数回ではなく数十回あるいは百回を超えることは珍しくはありません。娘でなかったらとっくの昔にレッスンはやめています。

娘のレッスンは忍耐との戦いですが、私に何回も大きな声を出されても涙ひとつみせません。涙を流せるならいかにゴールドベルグ変奏曲といえども、完成度はともかくすでにマスターしていると思います。喜怒哀楽も相当抑圧されており、今のところ喜びは素直に表現できているようですが後の3つは6年以上も見たことがありません。ピアノレッスンはこの喜びの一点だけをよりどころとしています。

2005年、2006年はそれは気が狂うほど練習していました。庭師の方から「コンクールを受けられるのですか」と質問されたぐらいです。まともな神経ならこんなに練習できるわけがありません。具体的な時間ですが、1日平均6時間から7時間をほぼ3年間です。

今年の5月から1日3時間程度に抑えています。例えばトルコ行進曲は譜読みは1日で終わり後は表現方法で1ヶ月以上もかかっています。いくつかミスの出やすいところがあり、ここも含めて前後の運指を修正したぐらいです。メカニックについては本当に指導が簡単な娘なのですが、表現となると、レッスンをする前から気が重くなるのです。昨日注意したことは今日のレッスンで解決してくれてるだろうかと。果たしてその日のレッスンは昨日の注意は無視するかのように弾きます。これが毎日続くのです。手を変え品を変え同じことを毎日注意しています。断っておきますが、本人が覚醒しているならば簡単に表現できることばかりです。困難なことは何一つ要求していないのです。

2006年の発表会終了時点では大きな回復があっと思ったのですが、ゴールドベルグを練習の過程でまた元に戻ってしまったのです。その時点では私も気が付きませんでした。なぜならゴールドベルグの練習は娘の練習の中でも格別のものだからです。こちらが止めなければ永久機関のようにずっと練習しています。

話が長くなりました。彼女の夢はイタリア協奏曲、パルティータ第2番でした。大曲パルティータ第6番もやりました。残る最後の夢はゴールドベルグ変奏曲なのです。こればかりは私も拒否できません。何年かかってもつきあっていくつもりです。

今年の2月ピアノを止めると言い出した前日に家のピアノで録音したゴールドベルグ変奏曲の4曲があります。おつきあい頂けましたら幸いです。

06_no_06.mp3をダウンロード (アリア)

07_no_07.mp3をダウンロード (第1変奏)

08_no_08.mp3をダウンロード (第7変奏)

09_no_09.mp3をダウンロード (第9変奏)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348805/16803102

ゴールドベルグ変奏曲再びを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真