最近のトラックバック

ブログリンク集

  • みぃさん
    ケルンに留学されたピアニスト。現在奈良県を中心に活躍中です。
  • romani さん
    ギターを愛されながらも、クラシック、特にオペラを中心にライブの感想等をブログで公開されています。
  • DokuOh さん
    ドイツ・オーストリア系の音楽の紹介およびCDの感想等をブログで公開されています。
  • 樹衣子さん
    映画、本(政治、経済、社会、その他)音楽の論評並びに紹介をブログでなさっています。
  • emi さん
    現役のピアノの先生です。ブラームスのクラリネットソナタのCDもリリースされています。
  • calaf
    calaf 自身のホームページです。
  • yuzu さん
    鉛筆画家 yuzu さんのホームブログ。グールドの描画はグールド財団のお墨付き(正真正銘)です。
  • yuzuさん グレン・グールド肖像画集
    鉛筆画家 yuzuさんの新しいブログ
  • 湧々堂(わくわくどう)
    個人でCDショップをなさっています。入手しにくい盤は一度相談されてみてはいかがでしょう。
Powered by Six Apart

« アルハンブラの想い出 | メイン | 12月の読書 »

2008年12月 6日 (土)

仲道郁代 コンサート(神戸学院大学 グリーンフェスティバル)

こんばんは。本日午後、神戸学院大学(神戸市西区)のグリーンフェスティバルで仲道郁代さんのモーツァルトツィクルスを娘chiakiと聴いてきました。

今日は関西でも本当に寒かったです。日は照っていたのですが風がとても冷たかったです。神戸学院のグリーンフェスティバルは10数年の歴史があり、内外の著名音楽家、団体を招いて音楽愛好家に無料でコンサートを提供しています。

本日のプログラムによれば仲道郁代さんは21回目の登場です。昨年ベートーヴェンのピアノソナタ全曲録音を完成しましたが、公開の場でベートーヴェンを弾き始めたのはこのグリ-ンフェスティバルからです。仲道さんはこのグリーンフェスティバルでのレパートリーはこのフェスティバルの責任者上村教授の理解を得て、仲道さん独自の演目が組めるようになっています。ですから極めて早い時期に私はハンマークラヴィアをここで聴いています。

今年はモーツァルトツィクルスの始まりの年で、春に1番から3番を、そして本日は4番から6番を演奏しました。曲目は以下の通りです。

● ピアノ ソナタ 第4番 変ホ長調 K.282

● ピアノ ソナタ 第5 ト長調 K.283

● ボーマルシェの喜劇 《セヴィリアの理髪師》 のロマンス 「私はランドール」による12の変奏曲 変ホ長調 K.354

◇休憩とインタビュー

● カプリチョ ハ長調 K.395

● ピアノ ソナタ 第6番 ニ長調 K.284

アンコール

● ベートーヴェン ピアノソナタ 第14番 嬰ハ短調 「月光」 第1楽章

● モーツァルト フルートとオーケストラのためのアンダンテ (仲道さんのお嬢さんのフルートと仲道さんのピアノ伴奏)

以上です。演奏はダイナミックなモーツァルトで、ベートヴェンの初期のピアノソナタを彷彿とさせるような内容でした。軽く羽のようなモーツァルトではなく、ベートヴェンに先行するピアノ作品として意識した演奏ぶりでした。中間の休憩を終え、恒例の聴衆よりの質問なかでベートーヴェンのソナタ14番の第1楽章はモーツァルトの4番の影響があるように思うと語っていました。どちらも第1楽章が遅い(通常のソナタの第1楽章は速い)。

インタビューの中で聴衆からのモーツァルトのペダルの使用についての質問があり、右ペダルを踏みっぱなしはないが、フィンガーペダル(足のペダルではなしに指で音を保持する)を多用しているとのことで、当時のフォルテピアノ シュタインはダンパーが完璧でなく一部響きが残り、独特の雰囲気があるとのことでした。

アンコールの仲道さんのお嬢さん(小学生5年か6年?)のフルートは「聴かせる」とまでは行きませんでしたが、音程も正確で実に素直なモーツァルトでした。お母さんの仲道さんの伴奏は厳しい表情ながらも、娘を思う母親の心遣いがよく聴き取れました。グリーンフェスティバルならではのひとこまだったように思います。

Image040s

Image042s

ちょうど私たちは前から3列目の中央に座っていました。500席ほど収容できるホールですが本日は超満員で、補助席が相当ありました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348805/17345516

仲道郁代 コンサート(神戸学院大学 グリーンフェスティバル)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真