最近のトラックバック

ブログリンク集

  • みぃさん
    ケルンに留学されたピアニスト。現在奈良県を中心に活躍中です。
  • romani さん
    ギターを愛されながらも、クラシック、特にオペラを中心にライブの感想等をブログで公開されています。
  • DokuOh さん
    ドイツ・オーストリア系の音楽の紹介およびCDの感想等をブログで公開されています。
  • 樹衣子さん
    映画、本(政治、経済、社会、その他)音楽の論評並びに紹介をブログでなさっています。
  • emi さん
    現役のピアノの先生です。ブラームスのクラリネットソナタのCDもリリースされています。
  • calaf
    calaf 自身のホームページです。
  • yuzu さん
    鉛筆画家 yuzu さんのホームブログ。グールドの描画はグールド財団のお墨付き(正真正銘)です。
  • yuzuさん グレン・グールド肖像画集
    鉛筆画家 yuzuさんの新しいブログ
  • 湧々堂(わくわくどう)
    個人でCDショップをなさっています。入手しにくい盤は一度相談されてみてはいかがでしょう。
Powered by Six Apart

« 私のクライバーン | メイン | chiakiのピアノレッスン 「ゴールドベルグ変奏曲 VAR15」 »

2009年7月28日 (火)

日本人が日本人を食い物にする

オーディオに関心のある方ならオーディオスマイルのスピーカーkensai(賢才)をご存じだと思います。イギリスのスピーカーですが、日本でも発売されることになりました。ペアで何と504000円です。

サイズ、重量はW150×H250×D200/4kgです。イギリス本国の直販では1499ポンド(160円/ポンド換算で24万円くらいです)のに日本で発売されると価格が2倍になるのです。何ともばかげた価格設定です。私は日本人が日本人相手に商売をしてはいけないというつもりはありません。20年前なら知らず今はインターネットの時代です。情報はすぐ伝わります。レコード芸術8月号3評論家のべた褒め記事が掲載されています。しかし日本価格についての言及は一切ありません。イギリスは日本人を愚弄していると思われるオーディオは以前にロジャースのBBCモニターの馬鹿高さについて書きましたが、賢才の本国価格は高いですがべらぼうではありません。

そういえば馬鹿高いことで有名なリン(LINN)のアナログプレーヤーはどうなったかといいますとLP-12SEのフルスペックで、200万円は遙かに超え、このたびRADIKALというフォノモーター+電源システムが945000円、URIKAというフォノイコライザーが472500円です。なおRADIKALはミススペルではありません。LINNはさも日本贔屓であるかのようにローマ字にご執心でGENKIやMAJIKというCDプレーヤーの名前もあります。

信じる者は救われるのでしょうが、今や経済大国とはいえない日本ですが、まだまだお金持ちがたくさんいるのですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348805/20760461

日本人が日本人を食い物にするを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真