最近のトラックバック

ブログリンク集

  • みぃさん
    ケルンに留学されたピアニスト。現在奈良県を中心に活躍中です。
  • romani さん
    ギターを愛されながらも、クラシック、特にオペラを中心にライブの感想等をブログで公開されています。
  • DokuOh さん
    ドイツ・オーストリア系の音楽の紹介およびCDの感想等をブログで公開されています。
  • 樹衣子さん
    映画、本(政治、経済、社会、その他)音楽の論評並びに紹介をブログでなさっています。
  • emi さん
    現役のピアノの先生です。ブラームスのクラリネットソナタのCDもリリースされています。
  • calaf
    calaf 自身のホームページです。
  • yuzu さん
    鉛筆画家 yuzu さんのホームブログ。グールドの描画はグールド財団のお墨付き(正真正銘)です。
  • yuzuさん グレン・グールド肖像画集
    鉛筆画家 yuzuさんの新しいブログ
  • 湧々堂(わくわくどう)
    個人でCDショップをなさっています。入手しにくい盤は一度相談されてみてはいかがでしょう。
Powered by Six Apart

« ラインセレクターの製作~結線、完成まで | メイン | 趣向を変えて~歌謡曲のレッスン »

2009年8月27日 (木)

オーディオ部品とその価格

こんばんは。先にラインセレクターを製作した時、部品はすべて福井県のマルツパーツで購入しました(通販)。原則として商品交換に対応しないと謳ってあったのですが、交換に対応してくれました。が、意外なことがわかりました。

ラインセレクターはRCAジャックといって通常オーディオで使われるコネクターですが、プロユースでは3ピンタイプのXLRタイプ(俗にキャノンコネクター)が使用されます。この場合ジャックのほうはレセプタクルという用語が使われます。

Xlr331

上図はXLR331といってメスのレセプタクルです。これは入力用に使われます。

Xlr332

上図はXLR332といってオスのレセプタクルです。これは出力用に使います。これらは俗にバランス伝送いわれ信号伝送中のノイズに強い方式です。問題はこの価格です。

XLR331 1627円(マルツパーツ)、620円(サウンドハウス)

XLR332 693円(マルツパーツ)、340円(サウンドハウス)

どちらの価格が異常なんでしょうか?ちなみにインターネットでサンデン商事という電子部品商社を覗いてみますとXLR331は756円、XLR332は460円でした。他のパーツもこんなことがあるかもしれません。よ~く調べてから購入しなければいけません。サウンドハウスは前に私がブログでその対応を叩いたところですが、価格の安さは安心してよいでしょう。対応にはまだ問題があると思います。今時のインターネットで2倍も高い価格で売れるわけがありません。例えば売りたくない商品にあえて高値をつけているのかもしれません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348805/21256619

オーディオ部品とその価格を参照しているブログ:

コメント

calafさんはじめまして。
夢遊病の女で検索していまして
このブログを読ませていただきました。

9/19(土)音楽の友ホールにてリサイタルをさせていただきます。
そこで「夢遊病の女」のアミーナのアリアAh,non credeaを歌います。
もしご興味おありでしたら、ぜひ聴きにいらしてください。

詳細はわたくしのホームページをご覧いただくか
直接メールをいただければ幸いです。

chisihoさま、はじめまして。コメントありがとうございます。私のブログでよければ宣伝にご利用してください。但し、コメント頂いた記事は「オーディオの部品」のことばかりですので、アミーナをご存じの方がどれだけいらっしゃるかるか?

私はリサイタル当日は仕事の予定が入っております。行けないので残念ですが、成功をお祈りいたします。ベルリーニは難しいですが、それだけうまく歌えた時の感動は聴衆のみならず歌手ご本人も相当なものだと思います。

コメントを投稿

最近の写真