最近のトラックバック

ブログリンク集

  • みぃさん
    ケルンに留学されたピアニスト。現在奈良県を中心に活躍中です。
  • romani さん
    ギターを愛されながらも、クラシック、特にオペラを中心にライブの感想等をブログで公開されています。
  • DokuOh さん
    ドイツ・オーストリア系の音楽の紹介およびCDの感想等をブログで公開されています。
  • 樹衣子さん
    映画、本(政治、経済、社会、その他)音楽の論評並びに紹介をブログでなさっています。
  • emi さん
    現役のピアノの先生です。ブラームスのクラリネットソナタのCDもリリースされています。
  • calaf
    calaf 自身のホームページです。
  • yuzu さん
    鉛筆画家 yuzu さんのホームブログ。グールドの描画はグールド財団のお墨付き(正真正銘)です。
  • yuzuさん グレン・グールド肖像画集
    鉛筆画家 yuzuさんの新しいブログ
  • 湧々堂(わくわくどう)
    個人でCDショップをなさっています。入手しにくい盤は一度相談されてみてはいかがでしょう。
Powered by Six Apart

« ラインセレクターの製作~バランス接続用 | メイン | ラインセレクターの製作~バランス接続用 第3回目 »

2009年10月 2日 (金)

ラインセレクターの製作~バランス接続用 第2回目

昨日に引き続いてバランス型コネクター用のラインセレクターの製作記事を載せたいと思います。

もともと安くあげるために自作に踏み切ったセレクターでしたが、前作のRCA(ピンタイプ)のセレクター製作で苦労というか時間がかかった作業がありました。穴開けがそうです。5ミリくらいのドリルで穴開けをして、後は目的のサイズまでテーパーリーマーで穴を大きくしていく作業です。端子用(ジャック、今回はレセプタクル)が6個、スイッチ用が2個ですので、5分平均でも40分はかかります。これくらいの時間は普通でしたら何ともないのですが、他のことで右手首を痛めたためこの作業がとても辛くかんじましたので、専用の工具を調達することにしました。

Selecterpbl18

上の写真ですが、左からホールソー、次の2本は2mmと2.8mmのドリル、右から2番目は電動ドリル用のテーパーリーマーで、右端は電動ドライバー用の専用チャックです。

ホールソーはその名の通り「穴開けのこぎり」です。22mm専用で本来はもったいないのですが、恐ろしく簡単に穴開けができます。仕上がりも良好です。本来はテーパーリーマーで22mmまで対応可能なものを探していたのですが、取り寄せになるため2サイズ小さいので我慢しました。私の電動ドライバはコンパクトなのですが、あくまでドライバー用回転がおそいので、下穴用に使用するため専用チャックを購入しました。私の電動ドリルは柄が大きく、セレクターの穴開けのような細かい作業をするにはその大きさがかえって邪魔になるのです。下穴がセンターに確実にきませんと、その後の修正作業が手間になります。ドリルは回転を速めますと穴開け作業は速くなりますが、初期の動作でドリルが滑ることが往々にしてありますので、下穴は遅い回転で作業することが肝要になります。

結果的にはこれらの工具はセレクターの材料部品と変わらないくらいの出費になりましたが、また何かの役には立つと思っています。但し保管が問題でいつも目につくところに置いておかないといざというときに使えません。このような道具は1年に1回使う機会が通常はありません。

Dsc00274

上の写真はレセプタクル用の穴加工をした直後です。バリがあるように見えますが、これはケースに貼り付けてあるラミネートで、アルミのバリではありません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348805/21816579

ラインセレクターの製作~バランス接続用 第2回目を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真