最近のトラックバック

ブログリンク集

  • みぃさん
    ケルンに留学されたピアニスト。現在奈良県を中心に活躍中です。
  • romani さん
    ギターを愛されながらも、クラシック、特にオペラを中心にライブの感想等をブログで公開されています。
  • DokuOh さん
    ドイツ・オーストリア系の音楽の紹介およびCDの感想等をブログで公開されています。
  • 樹衣子さん
    映画、本(政治、経済、社会、その他)音楽の論評並びに紹介をブログでなさっています。
  • emi さん
    現役のピアノの先生です。ブラームスのクラリネットソナタのCDもリリースされています。
  • calaf
    calaf 自身のホームページです。
  • yuzu さん
    鉛筆画家 yuzu さんのホームブログ。グールドの描画はグールド財団のお墨付き(正真正銘)です。
  • yuzuさん グレン・グールド肖像画集
    鉛筆画家 yuzuさんの新しいブログ
  • 湧々堂(わくわくどう)
    個人でCDショップをなさっています。入手しにくい盤は一度相談されてみてはいかがでしょう。
Powered by Six Apart

« ギャラクシータブのテザリング | メイン | evernoteについて »

2011年5月21日 (土)

iPod touch 導入

前回まで、ギャラクシータブの導入の経緯を記事にしましたが、これまで何度も非難してきましたアップル製品を購入するのは、筋が通っていないように思うのは、私だけではないと思います。

私は、もともとアップルのファンで、ビジカルク以来といえばわかっていただけますでしょうか。嫌いになったのは、スティーブ・ジョブズが復活してからです。最近は特に目に余るものがあります。

例えばiPod touchですが、

1)取り扱い説明書は添付してありません。

2)パソコンをすでに所有していませんと、iPod touchは使えません。

3)アップルID登録を要求し、さらに、アップルストアを利用のための、銀行口座情報、カード方法を要求してきます。

これらのことが記載されてある説明書でも添付してあるなら、まだ話はわかるのですが、ユーザーをナメているというか、傲岸不遜というか。こういうことをするから、ユーザーは「脱獄」(意味は各自でお調べ下さい)といったことをするわけです。ユーザーもバカではありません。

ちょっと話がずれますが、オーディオにおいて、主流はCDですが、最近はこれが危うくなってきています。曲をまとめて購入するのではなく、1曲だけ、それもデータを買うビジネスモデルを流行させたのがアップルです。デジタル音楽のフォーマットはWAVEファイルの16ビット、サンプリング周波数44.1Khzが基準ですが、iPodなどに収まるmpegファイルは、WAVEの圧縮(実際には音を間引いています)ファイルです。音の良し悪しは書くまでもありません。

しかし、恐ろしいもので、便利さが、質を押しのけました。曲のダウンロード金額がCDの販売金額をうわまわったのです。本来オーディオメーカーはCDの優位をアピールしなければいけないのですが、何と逆に寄らば大樹の陰、iPod、iPhoneをドックステーションとする、オーディオ機器を多く販売するようになりました。ドックステーションについては言葉で説明するより、実査例を写真でご覧いただいた方がよくわかると思います。

Ipod_docstation

後ろに見えるミニコンポは、このドックステーションとは関係ありません。要するにiPod、iPhone、を音楽プレーヤーとして、アンプスピーカーを一体化した製品です。iPod、iPhone、の下部のデータ端子を挿し込むだけで、音楽プレーヤーとして機能しますので、ドックステーションと呼ばれています。

私は音楽をイヤホンで聴く習慣がありませんので、携帯音楽プレーヤーは購入したことはありません。CDを枕元で聴くためにCDウオークマンは購入しましたが、別途、アンプ内蔵の小さなアクティブスピーカーで聴いております。

さてiPod touchの購入動機ですが、現在最も最新型のiPod touch(第4世代)は、現在のiPhoneから電話機能を省略しただけと、思えるほど多機能になっています。WIFIが使えますので、家庭での、ちょっとした調べもの等はiPod touchのインターネットを使います。もう一つが今回のテザリングです。テザリングを試す機器が必要です。これら二つがiPodを選んだ理由です。

実はもうひとつあります。将来のためにアップル製品のインターフェースに慣れておくというのが3番目の理由です。話がすごく長くなりますが、ギャラクシータブを使っているうちにevernoteというアプリに遭遇しました。evernoteについては、また記事にする予定ですが、その使い勝手はデジタルツールでありながら、感覚は極めてアナログに近いものです。ブラウザーに拡張機能としてのevernoteボタンが付属しているのが、グーグルのクローム、インターフェースエクスプローラ、それとiPhone、のsafariです。要するに将来、evernote拡張機能付きのsafariのために、iPhoneの購入を視野にいれているわけです。

iPodのインターフェースは実にスマートでスムーズです。ギャラクシータブのインターフェースも悪くはありませんが、洗練度は数段違うようです。

iPodには、face timeというテレビ電話機能もありますので、これもまた使ってみたいと思います。使えるように登録は済ませましたが、テレビ電話する相手が残念ながらいません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348805/26512230

iPod touch 導入を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真