最近のトラックバック

ブログリンク集

  • みぃさん
    ケルンに留学されたピアニスト。現在奈良県を中心に活躍中です。
  • romani さん
    ギターを愛されながらも、クラシック、特にオペラを中心にライブの感想等をブログで公開されています。
  • DokuOh さん
    ドイツ・オーストリア系の音楽の紹介およびCDの感想等をブログで公開されています。
  • 樹衣子さん
    映画、本(政治、経済、社会、その他)音楽の論評並びに紹介をブログでなさっています。
  • emi さん
    現役のピアノの先生です。ブラームスのクラリネットソナタのCDもリリースされています。
  • calaf
    calaf 自身のホームページです。
  • yuzu さん
    鉛筆画家 yuzu さんのホームブログ。グールドの描画はグールド財団のお墨付き(正真正銘)です。
  • yuzuさん グレン・グールド肖像画集
    鉛筆画家 yuzuさんの新しいブログ
  • 湧々堂(わくわくどう)
    個人でCDショップをなさっています。入手しにくい盤は一度相談されてみてはいかがでしょう。
Powered by Six Apart

« 阪急電車~片道15分の奇跡~有川浩 | メイン | ギャラクシータブのテザリング »

2011年5月20日 (金)

ギャラクシータブ顛末記

こんばんは。今年2月の中旬に購入した、ギャラクシータブ SC01Cについて、思うところを書いてみたいと思います。

iPadでは、私のライフスタイル(そんに大げさなものではありませんが)では、大きすぎるので、より手頃な大きさのモノを探しておりました。

私の携帯電話は、ソフトバンクの941SH(シャープ製)で、画面タッチと従来の携帯と同じく入力ボタンを持っています。画面の大きさは4インチと、携帯では最大ですが、縦横比が大きく、メールは一度にたくさん読み書きできるものの、動画などを見るのには中途半端な比率です。

昨年の3月に購入ですが、当時すでにiPhoneは出ておりました。優れたインターフェースと、使い勝手があるのですが、アップルという会社自体が好きではありませんのでしたので、941SHにしました。

アップルという会社はにはユーザーフレンドリーなサービスは存在しない、と思っています。941SHの、ソフトバンクもまた、しかりです。孫正義氏は、東北・関東大震災に際し、100億円を義捐金として寄付することを宣言しましたが、あれから(4月4日に発表)1ヶ月過ぎましたが、寄付された形跡は影も形もありません。同じ穴の狢とはよくいったものです。

私の場合、携帯であっても、インターネット閲覧が主で、電話は従になります。携帯でインターネットを閲覧する場合、携帯専用サイトに限られます。次にYou Tube のような動画では、4インチとはいえ、画面が小さすぎますし、極めて短い時間に分割されてしまいます。これでは、せっかくの動画も見る気がしません。

ギャラクシータブより、早くiPadで発売されておりましたが、その大きさは携帯性に疑問、また電話ができない、さらに、お粗末なソフトバンクの回線しか選べません。

画面が7インチのギャラクシータブが昨年10月に発売になりました。インターネットの閲覧では、当然のことながら見やすさではiPadには劣りますが、手が小さい私でも、ギャラクシータブは片手で持てますので、こちらのメリットをとりました。また何といってもドコモの回線ですので、安心して閲覧できます。

ギャラクシータブはサムソンのSC-01Cという型番です。外寸は120×190×12(mm)です。7インチは10インチの70%と思っている方が多いそうですが、画面サイズは長方形の対角線のサイズですので、実際の画面面積は45%程度です。(これはスティーブ・ジョブズが言ってますが、ハッタリではなく、事実です)。ギャラクシータブ発売ニュースの読者のコメントで、「韓国製は使わないようにしよう」は、さすがの韓国嫌いの私も驚きました。

ギャラクシータブはグーグルのOS「アンドロイド」で動いており、アップルのiOSとは互換性がありません。ご承知のように、アップルという会社は何でも買わそうとする会社ですが、それでも、ソフトの質、量ともアンドロイドの敵ではありません。

アンドロイド不利な中で昨年発売された、ソニー・エリクソンのエクスペリアのおかげで、アンドロイドもアプリの選択肢が増えました。

ギャラクシータブの使用感ですが、タッチ感覚のセンスは残念ながら、iPhone、iPad組の勝ちです。極端に感度が悪いということではありませんので、使っているうちに気にならなくなるでしょう。ギャラクシータブは電話ができますが、イヤホン・マイクを使わないで、素のままで電話をしている姿は、ちょっと見には違和感があるかもしれません。

Galaxytab

この電話ができるということが、私にとって2番目の大きな動機でした。ノート型パソコンでは、例えば電車の中で操作することは、新幹線以外では事実上不可能です。タブレットは入力作業の効率はよくありませんが、閲覧するのに場所と時間をほとんど選びません。

使い方の基本はこちらを参考にしていただくとして、私の場合は、現在は自宅の部屋で、好きなサイトを閲覧したり、動画を見たりしています。寝転んでも見ることができますので重宝しています。外出時は車に装着してナビとして利用しています。

3番目の動機はテザリングというを機能です。テザリングというのは以下の説明を参考にして下さい。アンドロイドのバージョン2.2の大きな特徴ですが、海外のギャラクシータブでは、テザリング可能だそうですが、ドコモの場合その機能はありません。が、実はあるのです。

テザリング(英: Tethering)とは、スマートフォンなどのモバイル機器を外部モデムとして用いて、パソコンや携帯端末、携帯ゲーム機などを携帯電話回線を通じてインターネットに常時接続させること、もしくはその機能のことである。テザー機能とも言う。

もう少し説明がいるかもしれません。ギャラクシータブは通常3Gの無線電話回線を使用して、通信を行いますが、例えばFONルーターなどが自宅にある場合、FONルーターと無線通信して、後はパソコンが接続しているインターネット回線を利用して通信することができます。いわゆるWIFI(ワイファイ)といわれる機能です。ですから、より高速でインターネットができます。

この時、WAIFIの親機は、私の家の場合ですとeonet(関西電力の光通信)で、子機がギャラクシータブとなります。テザリング機能というのは、この親機の役目をギャラクシータブがすることを意味します。その場合の子機は、例えばiPod touch がそうです。iPod touch はiPhone、と違って無線電話回線を利用できません。ところが、WIFI機能を有していますから、適当な親機(私の場合FONルーターとeonetに接続しているパソコン)があれば、インターネットが可能です。

論より証拠、実際にギャラクシータブとiPod touchが繋がっている画像を見ていただきましょう。

Photo

上記の✔(チェック)Galaxy Tab_6061となっているのがわかるとおもいます。ギャラクシータブとWIFI接続しています。

Sc20110519205521

ギャラクシータブ側の状態です。ギャラクシータブでテザリングができている状態です。

このギャラクシータブのテザリング導入の方法などは、インターネットで数多く紹介されていますが、次回に書きたいと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348805/26453161

ギャラクシータブ顛末記を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真