最近のトラックバック

ブログリンク集

  • みぃさん
    ケルンに留学されたピアニスト。現在奈良県を中心に活躍中です。
  • romani さん
    ギターを愛されながらも、クラシック、特にオペラを中心にライブの感想等をブログで公開されています。
  • DokuOh さん
    ドイツ・オーストリア系の音楽の紹介およびCDの感想等をブログで公開されています。
  • 樹衣子さん
    映画、本(政治、経済、社会、その他)音楽の論評並びに紹介をブログでなさっています。
  • emi さん
    現役のピアノの先生です。ブラームスのクラリネットソナタのCDもリリースされています。
  • calaf
    calaf 自身のホームページです。
  • yuzu さん
    鉛筆画家 yuzu さんのホームブログ。グールドの描画はグールド財団のお墨付き(正真正銘)です。
  • yuzuさん グレン・グールド肖像画集
    鉛筆画家 yuzuさんの新しいブログ
  • 湧々堂(わくわくどう)
    個人でCDショップをなさっています。入手しにくい盤は一度相談されてみてはいかがでしょう。
Powered by Six Apart

« 再開します。 | メイン | TEGRA 7NOTE »

2014年5月20日 (火)

何から書きましょうか?

書きたいことが山ほどありますが、とにかく貧乏暇なしで書く時間がほとんどありません。iPhone5、及びiPhone5Sのことも書きたい。テグラ7ノート(Tegra 7 note)のことも書きたい。Xperia z ultra sol.24 (au)のことも書きたい。モバイルバッテリーのことも書きたい。まあありすぎて逆に何もできないという状況です。

 

スマホの計画は約3年前から始まります。2010年の2月にiPhoneか941SHかで悩み結局 941SHを採用しました。その当時のiPhoneはiPodの電話が付いているだけのように思えたのです。今では必要ありませんが、ワンセグチューナーも装備されていませんでしたし、ストラップを付けるホールもありませんでした。今から考えるとバカみたいな理由ですが当時の私としてはとても大事な選択理由だったのです。

941SHを約2年半使用して感じたのですが、カレンダー、及び住所録などは圧倒的にシャープに軍配が上がります。登録番号、グループ、アイウエオ順等々及び選び出すときのインターフェースはiPhoneは完全にイモで、やはりシャープは日本の会社であること、私自身日本人であることを再認識します。

入力方法はともかく日本語変換及び辞書類は書院(ご存知ですかシャープのワープロの名前です)の伝統を引き継ぎ、学習効果を辞書に持たせるなど、今では当たり前の技術ですが、それがとても便利だったわけです。

941SHはWi-Fiにも対応しており、当時ソフトバンクからFONルーターを無償で貸与してもらいました。このFONルーターも途中から勝手に仕様が変更になり、3つほどある接続の一つがつながらなくなりました。ユーザー登録しているのですから、メール連絡のひとつも送ればいいのに何もサポートなし。FONのサポートセンターに問い合わせてやっと繋がらない理由が判明。ただFONの担当者は滅茶苦茶に親切でした。また技術的な知識も豊富でこちラが納得するまで付き合ってくれたのは良い思い出です。

以前に書いたことの繰り返しになりますが、iPhoneに惹かれたのはその性能ではなくいわゆるデファクトスタンダード的な地位をiPhoneが占めていたからでした。2010年の年末だったと思いますがドコモからギャラクシータブが出ました。Galaxy Tabですね。その前にiPadが10インチで発売になっていましたが、携帯には少し大きすぎるといううことと、ソフトバンクでしかキャリアを選べませんでした。この時ドコモはLTEの宣伝を始めておりましたので、ドコモを使いたかったこともあります。またGalaxy Tabを選んだ理由はもう一つあります。当然私にとってアンドロイドは初めてであり、Galaxyを使い倒すことにより、アンドロイドをマスターする予定でありました。さらに、当時iPhoneはソフトバンク独占で、いつかドコモから出るだろうととの予測もありました。私は技術予測ができるほど知的ではありませんので、これは予測ではなしに希望的観測に近いものです。ただ、雑誌などを読みますと、SIMフリーのiPhoneを海外で購入あるいは取り寄せてドコモと契約して使用というのが、自分にはその時点での最良解のように思えました。海外からiPhoneを取り寄せる勇気もありませんし、また金額も高いもので私には手が出ませんでした。

ドコモのLTEをiPhoneで使うのを楽しみにしていたわけです。一方先にiPhoneのインターフェースに魅せられたと書きましたが、iPhoneの使用方法をアンドロイドとは別に学習?する必要がありました。それとこれもiPodを購入してから分かったことですが、Apple IDなるものも認識する必要がありました。もちろんiTunesが必要なことも事後に覚えました。

結論が先になりましたが、iPhoneではなくiPodを買って将来のiPhoneに備えたわけです。iPodは第4世代になっており、Wi-Fiが利用できましたので、実質電話なしのiPhoneのように使いました。この年iOSに大きな変化がありました。確かiOS4まではパソコンのiTunesに繋がないとiOSのバージョンアップが出来なかったのですが、iOS5からWi-Fi経由でiOSのバージョンアップができるようになったのです。ですから、iPhoneを購入するまでiPodでAppleのひととおりの作法の洗礼は受けたわけです。

長くなりました。続きは他日に致します。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348805/32254263

何から書きましょうか?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真