最近のトラックバック

ブログリンク集

  • みぃさん
    ケルンに留学されたピアニスト。現在奈良県を中心に活躍中です。
  • romani さん
    ギターを愛されながらも、クラシック、特にオペラを中心にライブの感想等をブログで公開されています。
  • DokuOh さん
    ドイツ・オーストリア系の音楽の紹介およびCDの感想等をブログで公開されています。
  • 樹衣子さん
    映画、本(政治、経済、社会、その他)音楽の論評並びに紹介をブログでなさっています。
  • emi さん
    現役のピアノの先生です。ブラームスのクラリネットソナタのCDもリリースされています。
  • calaf
    calaf 自身のホームページです。
  • yuzu さん
    鉛筆画家 yuzu さんのホームブログ。グールドの描画はグールド財団のお墨付き(正真正銘)です。
  • yuzuさん グレン・グールド肖像画集
    鉛筆画家 yuzuさんの新しいブログ
  • 湧々堂(わくわくどう)
    個人でCDショップをなさっています。入手しにくい盤は一度相談されてみてはいかがでしょう。
Powered by Six Apart

« ブラジルを泣かせた男~世紀の番狂わせ W杯1982スペイン大会 | メイン | iPhone5ケース TAKTIK »

2014年6月 2日 (月)

サイドテーブルの改造

2ヶ月ぶりの病院行きで、朝から料理「牛丼」、冬服の整理、ペットボトルの整理等久しぶりに家の用事をしたような気がします。午後はパソコンの温度センサーの位置変更をしたあと、昼寝をしようと思いましたができず、先日のベッドサイドテーブルの改造を行いました。

改造の動機はもう少し仕上げをしたかったのと、天板の少し小さめの板を前回作業した時物置で見つけたので、それをサイドテーブルの下方に棚板として取り付けるアイデアが浮かんだからでした。早速出来上がりを見て下さい。

20140602_102121000_ios

上の写真が出来上がりで下が前に食卓の脚を短くしただけのものです。

20140529_121124000_ios

20140602_102140000_ios

下段の棚板は前後左右に稼働します。

20140602_102234000_ios

種を明かせば下のようになっています。

20140602_102410000_ios

下の桟には左右可動のためのガイドが、棚板の裏側には前後可動のガイドを取り付けております。とてもシンプルな発想です。下の桟はこの前切断した脚の部分の片割れです。脚の補強板が付いていますので外して桟にするつもりでしたが、そのまま小さな棚として利用することを思いつき、更に補強板を左右可動のガイドとして利用することを思いつきました。奥側にも小さな左右ガイドを取り付けてあります。

20140602_102335000_ios

ばらせますので後々の改造も容易です。

20140602_102523000_ios

一番のお気に入りは、棚の可動ではなく、天板と脚の補強板のわずかに切れ込みを入れて変化を持たせました。何気ないようですが印象が随分変わります。もちろん自画自賛であることには間違いありません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348805/32279447

サイドテーブルの改造を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真