最近のトラックバック

ブログリンク集

  • みぃさん
    ケルンに留学されたピアニスト。現在奈良県を中心に活躍中です。
  • romani さん
    ギターを愛されながらも、クラシック、特にオペラを中心にライブの感想等をブログで公開されています。
  • DokuOh さん
    ドイツ・オーストリア系の音楽の紹介およびCDの感想等をブログで公開されています。
  • 樹衣子さん
    映画、本(政治、経済、社会、その他)音楽の論評並びに紹介をブログでなさっています。
  • emi さん
    現役のピアノの先生です。ブラームスのクラリネットソナタのCDもリリースされています。
  • calaf
    calaf 自身のホームページです。
  • yuzu さん
    鉛筆画家 yuzu さんのホームブログ。グールドの描画はグールド財団のお墨付き(正真正銘)です。
  • yuzuさん グレン・グールド肖像画集
    鉛筆画家 yuzuさんの新しいブログ
  • 湧々堂(わくわくどう)
    個人でCDショップをなさっています。入手しにくい盤は一度相談されてみてはいかがでしょう。
Powered by Six Apart

2014年5月31日 (土)

ブラジルを泣かせた男~世紀の番狂わせ W杯1982スペイン大会

5月は今日一日で最後で、明日からW杯ブラジル大会が始まる6月です。W杯が開催される年には過去の名勝負の録画が放映されたり、W杯を巡る様々な物語が人々の間で交わされます。パオロ・ロッシ サッカー八百長疑惑により2年間の出場停止に遇いながらもジーコ、ソクラテス、ファルカン、トニーニョ・セレーゾのいわゆる黄金のカルテットを擁すブラジルのドリームチームを完膚なきまでに叩き潰した男~この本は1982年のイタリア代表のインタビューを中心に、当時世紀の番狂わせと言われた試合を再現しています。本当に番狂わせだったのでしょうか?

続きを読む »

2011年8月28日 (日)

未来のピアニスト グレン・グールド~最終回

昨日ですが、とうとう最後まで読んでしまいました。青柳いづみこさんのこの本は、できれば読みたくなかったというのが、私の実感です。私がどんな本であれ読むのは、何か感動的なこと、新しい発見などに遭遇すれば、他の部分は気にしないことが多いのですが。

続きを読む »

2011年8月25日 (木)

未来のピアニスト グレン・グールド~その2

前回の記事(未来のピアニスト グレン グールド)は随分とつまらなかったと思います。私自身がそう思うのですから、間違いありません。

続きを読む »

2011年8月23日 (火)

未来のピアニスト グレン・グールド

知り合いの方から先日教えて頂き、昨晩から読んでいます。感想はまだ書けませんが、グールド本に関しての私の見解をひとくさり。

続きを読む »

2009年6月 7日 (日)

永井 淳さん 死去

こんにちは。随分間隔があきましたので、もうブログはやめてしまったと思われているかもしれませんね。義父の死後、確かに静かにしたいということはありましたが、別の理由があります。これは機会があれば書きたいと思います。永井 淳さんジェフリー・アーチャーと書けばすぐ誰か気がつかれますでしょう。

続きを読む »

2009年1月16日 (金)

1月の読書

こんばんは。11月頃から無性に本が読みたくなったのですが、それが止まりません。一般的とはいえないテーマで、音楽の記事を期待されている向きには申し訳ありません。

続きを読む »

最近の写真