最近のトラックバック

ブログリンク集

  • みぃさん
    ケルンに留学されたピアニスト。現在奈良県を中心に活躍中です。
  • romani さん
    ギターを愛されながらも、クラシック、特にオペラを中心にライブの感想等をブログで公開されています。
  • DokuOh さん
    ドイツ・オーストリア系の音楽の紹介およびCDの感想等をブログで公開されています。
  • 樹衣子さん
    映画、本(政治、経済、社会、その他)音楽の論評並びに紹介をブログでなさっています。
  • emi さん
    現役のピアノの先生です。ブラームスのクラリネットソナタのCDもリリースされています。
  • calaf
    calaf 自身のホームページです。
  • yuzu さん
    鉛筆画家 yuzu さんのホームブログ。グールドの描画はグールド財団のお墨付き(正真正銘)です。
  • yuzuさん グレン・グールド肖像画集
    鉛筆画家 yuzuさんの新しいブログ
  • 湧々堂(わくわくどう)
    個人でCDショップをなさっています。入手しにくい盤は一度相談されてみてはいかがでしょう。
Powered by Six Apart

2008年5月22日 (木)

chiakiのピアノレッスン プレリュード(平均律第1巻第1番ハ長調)

S6jcxixg
こんばんは。昨夜記事にしましたプレリュードですが、その中でシェンクの名前が出ました。注意書きも何もしないですませてしまいました。どうも自分だけわかったつもりになっていけません。まず上の楽譜をご覧ください。該当部分の上に[  ]で囲んである部分がシェンクが付加した部分です。

完成度の高いバッハの作品に修正ではなく付加するということは並大抵の音楽家ではなさそうです。ヨハン・バプティスツト・シェンクは1753−1836年ウイーンで活躍した作曲家で代表作はオペラ「村の床屋」で交響曲なども10曲書いています。しかし私たちがもっともよく知っていることは「ベートーヴェンの先生」であったことでしょう。ボンからウイーンに出てきたルートヴィッヒ青年(ベートヴェンのことです)はハイドンに師事したのですが、ハイドンはあまり面倒をみてくれませんでしたので、ハイドンに内緒で師事したのシェンクでした。

実は初対面のベートーヴェンの即興演奏についてのシェンクの言葉が残されているのですが、長いので今回は割愛させて頂きます。

この部分(シェンクの追加音符)の私の印象ですが、控えめな追加ではありますが、極めて効果的だと思っています。

さてこの曲の演奏ですが、私が好きなのは、グールドでもなくリヒテルでもありません。バルヒャのEMIの録音(古い方の録音)がもっとも格調が高くかつ清流のせせらぎを思わせるほどです。

2008年5月21日 (水)

chiakiのピアノレッスン 復帰第1回

こんばんは。昨夜娘のピアノ復帰をご報告致しましたが、今夜は復帰第1回目のピアノレッスンです。レッスン曲目は

■バッハ 平均律クラヴァイア曲集第1巻からハ長調プレリュードです。

復帰第1曲はこの曲に決めていました。第1歩にふさわしい曲だとおもいませんか。この曲は私calafが初めて弾いたバッハの曲です。

全く同一パターンのアルペジオですが、こんな曲はまず和声の動きに注目しますとたいへん弾きやすくなります。アルペジオを和音に戻して弾くわけですよね。今回使った楽譜はしシェンクが1小節追加した楽譜です。ソナチネアルバム第1巻に掲載されています。

注意事項はあらかじめ鍵盤にすべての指を接触させ弾く時に指を押し込む・・というものです。次にアルペジオの連続ではついついブレス(息つぎ)を忘れやすいものですが、幸いこの曲はグノーがオブリガートの旋律をつけていますので(有名なアヴェ・マリアですね)私が歌いました。歌は結構得意なのですよ。歌に合わせますと息継ぎの場所が大変よくわかります。フレーズの大きな変わり目にほんの少しritというよりテンポルバートすることによって曲のラインが出てきます。

うらやましい話ですが、娘はこの曲を16年前に弾いていますが今日はそれ以来実質初見ですが、表現はともかく最後まで間違わず弾きました。難しい曲が弾けるようになると易しい曲は初見でも弾けるようになるのですね。

今夜のレッスンはとても楽しいとの娘の感想でした。

2008年5月20日 (火)

chiakiのピアノ復帰

こんばんは。今日は私にとって最大の懸案事項であり、かつうれしい(私にとって)ニュースをご報告致します。娘のchiakiがピアノへの復帰を私に宣言(ややオーバーですが)しました。2月にピアノをもう弾かないと言われた時は、私はもう完全にあきらめていましたので、ピアノをレッスンしない余った時間をオーディオの時間に当てようと思っていた矢先のことです。

自分なりにこの3ヶ月半近くずっと何故ピアノを弾きたく無いのか考えていたようです。復帰の理由を尋ねると、「発表会が大きなストレスになっていたように思う」と言いました。5月にはいってから「知るを楽しむ」でグールドをずっと見てきましたので、やっぱりグールドのおかげだと思います。幼いながらもピアノを猛練習する意志を固めたのもグールドのLD(レーザーディスク)でした。

それとゴールドベルグ変奏曲を途中でほったらかしたのでは一生悔いが残るとも言いました。私も発表会は本人がどうしてもやりたいと言えば別ですが、多くの方に聴いて頂くには録音、ビデオなどがありますし、発表会へのこだわりはもうありません。

ご心配をおかけいたしました。またchiakiのブログを見てやってください。

2008年5月18日 (日)

chiakiのピアノ発表会 2006年 第7回

2008年5月 2日 (金)

chiakiのピアノ発表会 2006年 第6回

2008年5月 1日 (木)

chiakiのピアノ発表会 2006年 第5回

2008年4月30日 (水)

chiakiのピアノ発表会 2006年 第4回

2008年4月28日 (月)

chiakiのピアノ発表会 2006年 第3回

2008年4月26日 (土)

chiakiのピアノ発表会 2006年 第2回

2008年4月25日 (金)

chiakiのピアノ発表会 2006年

最近の写真